« 外で遊んだ後は… | トップページ | スキー »

2008年1月11日 (金曜日)

鏡開き

皆さん~!

今日は、鏡開きです。

もう鏡開きしましたよね…!

鏡開きとは、お正月にお供えしてあった鏡餅を手や木づちで割る正月行事が鏡開きです。

年神様にお供えした鏡餅をさげ、雑煮や汁粉を作り頂くことで1年間病気をしないといわれています。

この鏡開きは、もともとは20日に行われていたそうですが、江戸時代の初めに幕府が武家の具足開きの日を11日に定めた事から江戸でも11日鏡開きを行うのが一般的になっています。

正月中に飾られていた鏡餅を割るということは大正月の終わりとその年の仕事初めを意味するそうです。

道場では、道場開き、商家では蔵開きをして蔵に供えた鏡餅を割って財産が増えることを祈ったそうです。

お正月の行事が終わり、新しい年の活動が始まることを意味したそうです。

また、調べてみた限りでは、武家社会では『切る』『割る』という言葉は嫌われていました。

鏡餅を開くときは、切るにつながる刃物は使わないのがしきたり。

『割る』という言葉もおめでたい時には縁起が悪いので使わなかったのです。

この忌み言葉は縁起が悪いので、運を『開く』と言う意味をこめて鏡開きとしたそうです。

羊男のおうちでも今日は、鏡開きをいたしました。

今年も、一年健康で楽しい一年でありますように…!

羊男(アシスタントスタッフ羊)

雅飾り 66g 雅飾り 66g
販売元:ニッセン
ニッセンで詳細を確認する

|

« 外で遊んだ後は… | トップページ | スキー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外で遊んだ後は… | トップページ | スキー »